通所介護の内容は?自己負担はいくらくらい?

最近は、あらゆる場所で通所介護(デイサービス)の施設を見かけるようになりました。

送迎バスもよく見かけますよね。

それほど通所介護は身近にあるサービスになっています。

介護が必要でも自宅で暮らしたい人にとって、通所介護は生活に必要なものであり、楽しみでもあります。

今回は、通所介護の内容や自己負担についてお話しします!

Sponcerd Link

通所介護とは?

tuusyokaigo_1

通所介護(デイサービス)とは、介護を必要とする方が、日帰りで施設に通い、食事や入浴等の日常生活で必要な介護や機能訓練等を受けられるサービスです。

多数の利用者が集い、レクレーション等も行われるため、他者とのコミュニケーションが行え、引きこもりや孤独感を解消出来ます。

介護者にとっても、自分の時間が出来るため、介護負担を軽減することが出来ます。

通所介護の内容は?どんなことをするの?

tuusyokaigo_2

通所介護で行われる内容は、施設により変わりますが、例を上げると、以下のようになります。

 送迎→健康確認、入浴、おやつ(水分補給)
 昼食→レクレーション、機能訓練
 送迎

 

レクレーションでは、スタッフと利用者達で、簡単な運動や体を動かすゲームが行われたり、折り紙等の手先を使った作り物をすることもあります。

レクレーションへの参加が難しい方は、ベッドで休むことも出来ます。

 

施設によっては、様々なボランティアに協力してもらい、生け花教室、習字教室、音楽鑑賞等のイベントが行われることもあります。

どんな事を行っているかは、施設に問い合わせてみましょう。

スポンサードリンク

自己負担額はいくらくらい?

通所介護は介護保険を利用すれば、1割の自己負担となります。(収入額により、2割負担の方もいます)

例:8時間利用した場合(費用は施設により異なります)

要介護1:1回7200円(自己負担720円)
要介護2:1回8400円(自己負担840円)
要介護3:1回9800円(自己負担980円)
要介護4:1回11000円(自己負担1100円)
要介護5:1回12200円(自己負担1220円)

 

また、食事代、おむつ代、レクレーション代は実費で自己負担となります。

入浴の有無や受けるサービスの内容によっても費用が加算されることがあります。


おわりに

通所介護は利用する方によっては、

「他の人と話すのが苦手で・・・」
「遊ぶなんて、子供じゃあるまいし・・・」

と、あまり行きたがらない方もいます。

 

しかし、実際に通ってみると、

「思ったより楽しかった」
「お風呂に入れて嬉しい」

と、喜ばれる方もたくさんいます。

施設によって、見学や体験をやっている所もあるので、一度足を運んでみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク




コメントを残す





*