看護小規模多機能型居宅介護とは?対象者や料金は?

近年、高齢化社会により、
介護を必要とする方が増え続けています。
そのため、入居施設はほとんど空きがない状態となっています。

そして、

「残された時間を住み慣れた自宅で過ごしたい…」

そう思う方は少なくないでしょう。

そんな思いに応えるため、
自宅でも安心して暮らせるよう、
様々な介護サービスが提供されています。

しかし、実際に使用してみると、
不都合もでてきます…

「具合が悪くなると、あちこち連絡しないといけない」

「小規模多機能型居宅介護を使用しているが、
病状が悪くなって、サービスが受けられなくなった」

 

そんな課題を解決するために出来たのが、
『看護小規模多機能型居宅介護』 です。

今までのサービスと、一体どこが違うのでしょうか?

Sponcerd Link

看護小規模多機能型居宅介護ってどんなサービス?

『看護小規模多機能型居宅介護』とは、
平成24年4月に開始された『複合型サービス』のことです。

 

名前からだとその内容が分かりづらいと、
平成27年4月に『看護小規模多機能型居宅介護』に改名されました。

kaigo_woman

「改名されても長いし言いづらいし、結局内容分からない…」

おっしゃるとおりです…

実は、このサービスが出来る前に、『小規模多機能型居宅介護』という
サービスがすでにありました。(今もあります)

 

これは、一つの事業所にお願いするだけで、
通所介護、宿泊、訪問介護を必要に応じて使用できる、
一つで三度おいしいサービスなのです。

 

しかし、病状が安定しない方や、
医療行為が必要な方には対応出来ません。
(ヘルパーは処置等の医療行為は禁止されています)

 

そんな方でも対応出来るよう、
さらに『訪問看護』を利用出来るサービスを追加したのが、
『看護小規模多機能型居宅介護』なのです。

さあ、そうなることで、一体どんな良い事があるのでしょうか?

スポンサードリンク

メリットは?デメリットはあるの?

通所介護、宿泊、訪問介護、訪問看護

それらを一つの事業所で行うメリットは、以下のとおりです。

medical_houmon_iryou_woman

  • それまでは受け入れが困難であった、医療に依存する方でも対応可能
    (退院後の方、看取りを希望する方でも安心です)
  • 介護、医療と連携がスムーズに行える
    (利用者の状態に合わせて訪問看護の追加が可能です)
  • 顔なじみのスタッフが対応してくれる
    (通所で会うスタッフが宿泊や訪問でケアしてくれます)
  • 一つの事業所で情報共有するため、連絡が楽
    (突然の体調不良も、あちこちの事業所に連絡する必要がありません)
  • 月定額制のため、費用が増えすぎる心配がない
    (食費、宿泊代等は別途かかります)

 

これだけ見るとすごく良いサービスなのが分かります。

 

しかし、知っておくべきデメリットもあります…

  • 他事業所の通所、宿泊、訪問介護、訪問看護のサービスは使用不可
    (馴染みの通所を使用したくても出来なくなります)
  • 担当ケアマネジャーが、事業所に所属するケアマネジャーに変わります。
    (それまで親身に相談にのってくれたケアマネジャーが、担当でなくなります)
  • 介護保険の支給限度額をほぼ使い切ってしまう
    (他の介護保険サービスを利用する際に全額負担になる恐れがあります)
  • サービス頻度が少ない場合も定額のため、割高になる可能性もある
    (極端な話ですが、週1回の使用する方も、毎日使用する方も基本額は同じです)

 

これらの情報も踏まえて、今必要なサービスを見極める必要がありそうですね。

 

誰でもサービスを受けられるの?

 

「便利なサービスなのは分かったけど、じゃあ誰でも利用できるの?」

介護保険内のサービスになりますので、
要介護認定を受けている方が対象です。

job_syakai_fukushishi_woman

 

  • 要介護1以上(要支援は不可)
  • サービスを提供している事業所が存在している市町村に居住する方

 

定員制のため、定員を満たしている事業所では新規で利用はできません。

また、住んでいる場所によってはこのサービスを行う事業所自体がない場合もあります。

まずは担当のケアマネジャーに相談してみましょう。

 

料金って高いんじゃないの?

 

実際にかかる費用は介護保険が適応されて、
自己負担額は1割です。
(※利用者の所得次第では2割負担の場合があります)

また、使用するサービス内容や使用頻度に関係なく定額制となっています。

事業所の体制などによって費用は変わりますが、目安は以下の通りです。

要介護 1 13,255円
要介護 2 18,150円
要介護 3 25,111円
要介護 4 28,347円
要介護 5 31,934円

食事代や備品代、宿泊時の部屋代等は、この料金とは別で、
全額自己負担となります。


看護小規模多機能型居宅介護を希望したい!と思う方へ

看護小規模多機能型居宅介護は、
まだ始まったばかりのサービスなので、
始める体制が整っていない事業所も多いでしょう。

これからの超高齢化社会に向けて、
この様なサービスを提供する事業所が増えてくる事は間違いありません。

 

看護小規模多機能型居宅介護を希望したけど、事業所がなかった…
そんなこともあると思います。

 

だからといって、家で介護が受けられない訳ではありません。

「通所」「宿泊」「訪問介護」「訪問看護」
それぞれ独立したサービスもあります。

担当のケアマネジャーに相談して、
必要なサービスを選びましょう。

 

介護が必要になって、
落胆してしまう方も多いと思います。

自分がやらなければ!と、
頑張りすぎてしまう方もいると思います。

介護サービスは多種多様なケースに備えて充実しています。

 

一人で抱え込まず、
まずは相談してみましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*