介護タクシーで介護保険は使える?

車椅子を使用して生活している方にとって、外出や、
病院への受診は大変ですよね。

電車やタクシーだと、
何かと不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

御家族が付き添うとなると、仕事を休むことになったり、
スケジュールが合わなかったりと、
予定を立てるのも一苦労ですよね。

 

そんな時は、介護タクシーのご利用
検討してみてはいかがでしょうか?

 

今回は、「介護タクシー」について、お話します!

Sponcerd Link

介護タクシーとは?

「介護タクシー」とは、名前の通り、介護付きのタクシーです。

 

介護タクシーのドライバーは、
ホームヘルパー2級(介護職員初任者研修)以上の
資格を所持しています。

 

そのため、利用する方の必要に応じた介護を行う事が出来ます。

taxi_1
例えば、車椅子の方が病院へ受診する場合であれば、
ベッドから車椅子への移乗、トイレ介助、移動介助(院内も含む)
等の介護サービスを利用する事が出来ます。

スポンサードリンク

介護保険は使えるの?

介護タクシーは、介護保険を利用する場合と、
介護保険を利用せず、自己負担で介護タクシーを
利用する場合があります。

 

(介護保険を利用するタクシーは介護保険タクシー、
介護保険を利用しないタクシーを介護タクシーと呼ぶ場合もあります。)

 

ただし、介護保険が適応されると言って、
全額が1割負担になるわけではありません。

 

介護保険が適応されるのは介護の部分に関する費用だけなので、
タクシーとしての移送に関しては、メーター料金と同等の金額になります。

しかし、一部の事業所では独自で費用を割引している場合もあります。

介護タクシーは誰でも使えるの?

 

介護タクシーは誰でも利用できる訳ではありません。

介護保険を利用する場合は、
要介護1以上の介護認定を受けており、(要支援は対象外)
担当ケアマネジャーが決まっている方で、
ケアマネジャーが介護タクシーの必要性があると
判断した場合に利用する事が可能です。

taxi_3

 

介護保険を利用しない場合は、
利用者の希望で利用出来る事業所が多いですが、
料金や介助内容については、使用する介護タクシー事業所に
よく確認しておいた方が良いでしょう。


おわりに

介護タクシーは今後も増加傾向にあります。

事業所によって、サービスや価格に差が出る場合もあるでしょうが、
高齢化社会の中の強い味方になる事は間違いないでしょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*