訪問入浴介護の条件や内容、費用はどれくらい?

日本人はお風呂が大好きな人が多いですよね。

たっぷり湯を張った湯船に浸かりたい…
でも身体が不自由で自宅のお風呂には浸かれない…

そんな悩みを解決するのが「訪問入浴介護」です。

今回は、訪問入浴介護の条件や内容、費用について解説します!

Sponcerd Link

訪問入浴介護とは?

訪問入浴介護とは、自宅での入浴が困難な方を対象とした介護サービスです。

  • 自宅の浴槽では狭すぎる…
  • 危なくてとても浴槽には入られない…
  • 寝たきりのため、デイサービスで入浴する事が出来ない…

そんな方々のため、訪問入浴介護は、スタッフと一緒に専用の浴槽も持っていきます。
自宅へ浴槽を持ちこみ、専用車からお湯をはります。

homonnyuyoku_1

基本的には看護師と介護士が訪問し、
入浴前の健康チェック、脱衣、入浴介助、着衣、健康チェックを行います。

専用の浴槽なので、寝たきりの状態の方でも入浴する事が出来ます
身体の状態や、家の環境にもよりますが、およそ1時間程で終わります。

スポンサードリンク

訪問入浴介護の条件や内容は?誰でも利用出来るの?

訪問入浴介護は、要介護1~5と認定された方が対象となります。

しかし、要支援1、2の方を対象とした、介護予防訪問入浴介護という
サービスがあり、訪問入浴介護と内容はほとんど変わりません。

しかし、自宅に浴槽が無い等、少し利用条件が厳しくなります。

担当のケアマネジャーに相談し、利用出来るかどうかを確認しましょう。

homonnyuyoku_2

また、主治医から入浴許可をもらう必要があります。
あらかじめ相談しておきましょう。

利用するにあたり、専用の浴槽を自宅へ持ちこむため、
浴槽分のスペースの確保は必要になります。

あとはケアマネジャーに相談し、利用頻度や内容を確認し、
ケアプランを作成後の契約となります。

訪問入浴介護って費用はどれぐらいかかるの?

訪問入浴介護にかかる費用の目安は、

  • 全身浴(看護師1人、介護職2人)で1回あたり、12,340円(自己負担1割で1,234円)
  • 部分浴、清拭(看護師1人、介護職2人)で1回あたり、8,640円(自己負担1割で864円)

※一定の所得がある方は2割負担になります。

ですが、スタッフの体制によって料金が変わったり、
場合によっては交通費がかかる事もあるため、事前に確認しておきましょう。


おわりに

お風呂には、身体を綺麗にするだけでなく、血行を良くしたり、
身体をリラックスさせる効果もあります。

「どうせ無理だから…」と諦めてしまわず、
是非、訪問入浴介護の利用を考えてみましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す





*