ケアマネージャーってヘルパーと違うの?何をしてくれる人?

ケアマネージャーという言葉はよく聞くけれど
ヘルパーさんとは何が違うのか
どういう職業なのか
そもそも実際にどんなことをしてくれるのかって
イマイチわからないですよね?

これから介護を始める方、
ケアマネージャーにお願いしてみようかな?

と考えている方にもわかりやすいように、
簡単にまとめてみました。

Sponcerd Link

ケアマネージャーとはどんな人?

正式には「介護支援専門員」といいます。

obachan

【介護保険法】には、

「要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ
適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるよう
市町村、居宅サービス事業を行う者、介護保険施設等との連絡調整等を行う者であって、
要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識
及び技術を有する者として政令で定める者」

と記されています。

簡単に言うと介護が必要な人の相談に乗り、
適切なサービスを利用できるように手助けしてくれるひとになります。

言葉通り、ケアをマネジメントする人たちですね!

スポンサードリンク

ケアマネージャーとは何をしてくれる人?

まずは要介護者やその家族の介護相談に乗ってもらえます。

そして身体の状態、家族の生活などを元に
「ケアプラン」を作成してくれるのです。

keamane

ケアプランとはどのサービスを
どのくらい利用するかといった計画書です。

 

その後も各サービス機関への連絡や、
サービスが適切に受けられているかのモニタリングも
行ってくれるので実際の介護が始まった後も安心です。

 

更に給付金の管理などもお願いすることができます。

 

またサービスの利用者が負担する金額も
計算してもらえるので、
自分達だけでは大変なお金の管理が
とても楽になります。


おわりに

ケアマネージャーに直接介護を
してもらえるわけではありませんが、
お任せできることがたくさんあります。

 

適切な介護計画を立てるためには
多くのことを勉強する必要がありとても難しいです。

 

さらに家族が働いている場合は時間もありません。
各サービス機関などに日中連絡したり、
時には足を運ばなくてはならないことは大変です。

 

そうでなくても介護というのは
心身ともに負担の大きいものです。

 

お任せできることは思い切ってお任せした方が
介護が必要な方や、そのご家族の方にとっても
良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク




コメントを残す





*