要介護認定の基準は何?申請方法は?

40代を過ぎると親の介護の問題に直面する人も多いでしょう。

介護保険のサービスは、
申し込む為に様々な手続きが必要となります。

その為、親が元気なうちから介護保険について知っておく事は
とても大切です。

今回は、介護保険のサービスを使いたいと考えている人が、
まず行わなければならない要介護認定について説明します。

Sponcerd Link

要介護認定とは

介護保険のサービスには、
訪問ヘルパーや訪問看護等の訪問系のサービス
通いながら入浴やリハビリ等を行なう通所系のサービス
施設を利用する施設系のサービス
の3つに分ける事が出来ます。

889ec7c9741efb98425e45312a9765df_s

これらのサービスを利用する為には、
要介護認定を受けて要介護状態であると
判定してもらう必要があります。

 

要介護認定とは、
「この人は介護保険のサービス使う権利がある」
と認めてもらえる手形の様なものです。

 

介護保険のサービスを利用する事により、
介護が必要な状態になっても
尊厳ある自立した生活を送る事が出来る様になります。

 

また、自分の家族に介護が必要となると、
介護を受ける側だけでなく、
介護をする側にも相当な負担が強いられます。

 

介護保険のサービスは
双方の負担を軽減する為に
なくてはならないサービスと言えます。

スポンサードリンク

基準は?どういう人が受けられる?

介護保険のサービスを受けたいと思う人は
要介護認定を受ける事が出来ます。

ここで注意したいのは
認定を受ける人の年齢です。

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

65歳以上であれば、
誰でも要介護認定を受ける事が出来ます。

 

しかし、40歳から64歳までの人に
介護が必要となった場合、
介護保険のサービスを受けるには
一定の条件があります。

 

その条件とは、
介護が必要となった原因が
特定疾患であるという事です。

 

特定疾患に含まれない場合は
介護保険のサービスを受ける事が
出来ない点を覚えておきましょう。

 

例えば、がんや脳卒中、
関節リウマチ等の病気は
特定疾患に含まれています。


どこにどうやって申請したらいいの?

c2207037a011e694663395652d71b653_s

要介護認定の申請は、介護を受ける人が住んでいる
市町村の窓口で受け付けています。

多くは役場の福祉課で対応しています。

 

申請は本人だけでなく、
家族が申請する事も出来ます。

 

家族が遠方に住んでいて
申請に行けない場合は
どうすれば良いでしょうか。

その様な場合は、
市町村の包括支援センター
居宅介護支援事業所等に依頼すると、
本人の代わりに申請を行なってもらえます。

 

また、病気等で入院している場合は、
入院先でも介護保険の申請をする事が出来ます。

 

入院中に要介護認定を受けておけば、
退院と同時に
介護保険のサービスを受ける事が出来るでしょう。

認定にはどんな審査があるの?

db01adb41387b95e7ac1535f29f287b6_s

要介護認定の判定には、
調査員が直接審査する訪問審査と、
主治医が病気の状態をまとめた意見書を元に決定します。

 

訪問調査では心身の状態だけでなく、
日常生活をどれほど自分で行えているか等、
様々な角度から調査がなされます。

 

しかし、ほとんどの調査は聞き取りの調査の為、
適当に答えていると
正確な判定がなされない事があります。

 

調査員には、
事実を正確に伝える様にしましょう。

 

また、医師の意見書では、
病気の状態や精神状態等の
医学的な見地から評価されます。

 

これらの情報を元に
介護認定審査会と呼ばれる所で
介護度が決定されます。

 

審査会は医師や看護師等の
医療や福祉に関係する専門員で構成されています。

おわりに

介護保険のサービスは
要介護認定を受けなければ使用する事が出来ません。

 

介護保険のサービスを受けたいと
考えている人は、まず要介護認定を受けて下さい。

 

介護度は2段階の要支援と
5段階の要介護の7段階に分類されます。

介護の必要度によって
7段階のうちのどれかに認定されます。

 

残念ながら、
「自立」と判断され、介護が必要ないと
認定されてしまう場合もあります。

この場合は
介護保険のサービスが利用出来ないので
注意が必要です。

 

正確に判定してもらう為にも、
現状をしっかりと
調査員に伝える様にしましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*