要介護認定の申請の手続きの流れについて

家族に介護が必要になり、介護サービスを利用したいけど、一体何をどうすればいいの?

まずは『要介護認定』の申請をし、要支援・要介護度の認定を受けましょう。

今回はその要介護認定の申請の手続きの流れについてご説明いたします。

Sponcerd Link

要介護認定の申請の主な流れについて

a7b8609931f45bb7f74208c538dbee38_s

介護認定の申請を申し込んで、介護サービスを利用できるまでの流れを説明しましょう。

 

まずは、お住まいの市区町村の窓口で要介護認定(要支援認定を含む)の申請をします。

申請後、市区町村の担当職員が訪問し、本人への聞き取り調査を行います。

 

また、本人の主治医と直接やりとりをして、主治医が本人の心身の状況について主治医意見書を作成し、市区町村へ提出します。

これら認定調査結果や、主治医意見書に基づいてコンピュータによって一次判定を行います。

 

この一次判定の結果と主治医意見書をもとに、保健・医療・福祉に関する専門員5人程度で構成される介護認定審査会による二次判定を行います。

二次判定を終えると結果が出て、要介護度を決定し、本人へ結果を送付します。

スポンサードリンク

要介護認定の申請に必要なものは?

b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s

要介護認定を受けるには、対象者がお住まいの市区町村へ申請に行きます。

『要介護認定の申請』と伝えれば、適切な窓口へ案内してくれます。

主に『介護保険課』が窓口になっていることが多いでしょう。

 

持参するものは、

  • 介護サービスを受けたい人の介護保険被保険者証(65歳誕生日到達月に全員へ郵送されています。)、
  • 認印
  • 要介護認定申請書(役所HP等でダウンロードもできますが、窓口に用紙が置いてあります。)、
  • 40歳~64歳までの人(第2号被保険者)は、医療保険証

です。

 

いざ介護サービスを利用したいと思ったとき、申請に必要な介護保険被保険者証を紛失される方が多くいます。

再発行を無料でできるので、その場合は本人確認が出来る身分証明書(医療保険証など)を持参してください。

 

手続きに家族が行く場合は、本人の身分証明書と、手続きに来られた人の身分証明書が必要です。

また、介護認定の申請には主治医意見書が必要になります。

 

これは私たちが書いてもらったり、持参する必要はありません。役所担当者と主治医とのやり取りになります。

あらかじめ申請前に、主治医に介護認定を受けたい意思を口頭で伝えておきましょう。

そうすることで、申請がスムーズに進みます。

 

尚、主治医がいない場合は直接市区町村窓口に相談してください。

要介護認定の結果が出てサービスを利用するまで

d7923b3b35a8bb68afe6fb8e1d1a4e49_s

前文でも言ったように、市区町村は、介護認定審査会の判定結果に基づき、要介護認定を行ったあと、本人へ結果を通知します。

申請から結果が出るまではおよそ1カ月かかります。

 

認定の結果は、非該当、要支援1・2、要介護1・2・3・4・5までの七段階です。

数字が大きいほど介護が必要となるレベルが高く、非該当の場合は、今回はサービスを受けるレベルまで状態が達していないということなので、介護保険が利用できません。

 

介護認定には有効期間があり、新規・変更申請の場合は原則6カ月(状態によって3カ月~12カ月まで)、更新申請は原則12カ月(状態によって3カ月~24カ月まで)です。

有効期間をすぎると介護サービスを利用できなくなるので、期間満了までに更新申請を受けてください。

 

期間中に心身の状況が変化した場合は変更申請を受けることが出来ます。

介護サービスを受けるためには、『介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)』が必要です。

 

依頼を受ける担当は(ケアマネージャー等専門職)、本人や家族の希望を聞きながら、心身の状況を考慮して、どのサービスを使うべきかを検討し、本人に合ったケアプランを作成してくれます。

 

『要支援』の結果が出た人は、各地域にある『地域包括支援センター』へ、『要介護』の結果が出た人は、各地域に事業所が点在する、県の指定を受けた『居宅介護支援事業所』へ相談しましょう。

 

居宅介護支援事業所については各自で適した事業所を探すようになります。

市役所に主な事業所一覧が置いてあるので問い合わせてみましょう。


おわりに

要介護認定の手続きから流れについて、ご説明させていただきました。

申請を受けるにはまず地域の役場へ行きましょう。

本人が自分で申請することが難しい場合は家族・地域包括支援センターの職員・施設職員等が代行できます。

 

本人の心身の状況を確認する訪問調査を行います。

その際、いつもより張り切って頑張ってしまわずに、ありのままを答えてもらうようにしてください。

認定の結果に影響が出る可能性があります。

 

もし普段と違う様子があったり、その場の聞き取りだけでは分からないことはメモに書いて調査員に渡すなどしてください。

また、結果に不服がある場合は、市区町村へ問い合わせてみてください。認定に至った経緯の説明を聞くことが出来ます。

 

更に都道府県の介護認定審査会へ不服申し立てをすることが出来ます。認定結果の通知をうけた翌日から60日以内が限度なので注意しましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*