若年性認知症の症状や特徴!対応方法とは?

高齢者の認知症については、
多くの人が認識していることでしょう。

しかし、仕事盛りの世代、
特に40代~50代で発症する認知症が
増加傾向にあるのをご存じでしょうか?

 

今回は、65歳未満で発症する認知症、
若年性認知症についてお話します。

Sponcerd Link

若年性認知症とは?

 

「若年性認知症」とは、病名ではなく、
65歳未満で認知症を発症した場合に、
それがアルツハイマー病であったり、レビー小体病であっても、
ひとくくりに「若年性認知症」と呼ばれます。

(若年性アルツハイマー型認知症、若年性レビー小体型認知症とも呼ばれます)

zyaku_1

 

その数は全国で約4万人と想定され、増加傾向にあり、
女性よりも男性の患者が多く存在します。

スポンサードリンク

若年性認知症の症状や特徴は?

 

若年性認知症の症状は、65歳以上で発症する認知症と変わりはなく、
同じ事を何度も聞く、約束をした事を忘れてしまう、
同じ物を何度も買ってしまう等の症状が見られます。

zyaku_2

若く発症した場合、高齢で発症した場合よりも、
病状の進行が早いと言われています。

 

また、若年性認知症の場合、
うつ病や更年期障害などと間違われやすく、
認知症と診断されるまで時間がかかる場合があります。

 

自分では気付く事が難しく、周りの方の気付きが重要になります。

若年性認知症への対応方法とは?

 

今まで出来ていた事が出来なくなり、仕事も辞めなければいけない場合もあり、
本人にとって、大きな不安やストレスを抱える事になります。

まずは本人がなるべく安心して過ごせるように、対応する必要があります。

zyaku_3

予定などは、本人が分かりやすいようにカレンダーに書きこむ、
外出はなるべく付き添い、買いすぎや迷子になるリスクを減らしましょう。

環境の変化も本人にとっては混乱の素になります。

 

引っ越しや部屋の模様替え等はなるべく控え、
本人の馴染みのある物はとっておくようにしましょう。

 

認知症で大事なのが、本人の言う事は否定せず、話を合わせる事です。

例えば、夕食後に、「夕食を食べてない」と訴えがあっても、
「さっき食べたでしょ」と否定せず、
「今、用意しています」などと言って、お茶やお菓子を出してみましょう。

 

本人はそれで満足して、その後の訴えが無くなる事もあります。

 

40歳以上であれば、介護保険を利用する事が出来るので、
適切な介護サービスを受け、介護負担を減らしましょう。

 

認知症で表れる症状は様々です。
対応が難しい場合は、専門医に相談しましょう。


まとめ

若年性認知症の疑いがあっても、
本人が医療機関へ受診する事を拒むことも多くあります。

 

しかし、診断が早ければ、治療を早く始められ、
進行を遅らせる事が出来ます。

軽度の場合は、仕事を続けられる可能性もあります。

 

本人と御家族のためにも、本人の異変に気付いた場合は、
まずは専門医へ受診する事をお勧めします。

スポンサードリンク




コメントを残す





*