認知症の初期症状!うつの対応方法は?

近年、高齢者の人口増加に伴い
65歳以上のうつ病患者が増えてきています。

一方、認知症の初期症状の中にも
うつ病に良く似た症状が起こる事があります。

 

この為うつ病なのに認知症と診断されたり、
認知症なのにうつ病と診断されてしまう事があります。

適切な治療を行なう為には、
正しく原因を特定する事が重要でしょう。

 

今回は自分の家族の症状がうつ病なのか、
認知症なのかを特定する為の
大事なポイントについてお伝えします。

Sponcerd Link

認知証初期症状のうつの症状とは?

初期の認知症の症状の一つに
抑うつ状態と呼ばれるものがあります。

抑うつ状態になると
以前は興味のあったものに興味を示さない、
食欲がない、夜眠れない等の症状が
現れる様になります。

 

この為、うつ病と診断されてしまう人も
少なくありません。

utsu1

認知症による抑うつ状態と
うつ病の症状は似ていますが、
対処方法が異なる為、
しっかり原因を特定しておく事は
とても大切になります。

 

認知症の場合、抑うつ状態に加えて
記憶障害知能低下等の他の症状も現れます。

 

抑うつ状態の他に気になる点はないか
観察してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

認知証初期症状のうつの原因とは?

認知症の抑うつ状態は
環境が変化した際に
起こりやすいという特徴があります。

utsu2

家族と同居する為に住む場所が変わった、
介護施設へ入所するといった環境の変化
ターニングポイントとなる事があります。

 

また、もう一つ見逃せない原因があります。

 

それは、薬剤性の抑うつ状態です。

薬材性の抑うつ状態とは、
普段飲んでいる薬の副作用によって
起こる抑うつ症状の事です。

 

抑うつ状態を引き起こす可能性のある薬には
降圧剤や胃薬等、多くの人が普段何気なく飲んでいる
薬も含まれています。

 

沢山の薬を飲んでいる方は
薬剤性うつ症状の可能性はないか
主治医に相談してみましょう。

 

認知証初期症状のうつの対応はどうする?

認知症の抑うつ状態を改善させる為には
精神状態を安定させる事が重要です。

ここでは、精神状態を安定させる効果のある
回想法という方法を紹介しましょう。

utsu3

回想法とは、過去のなつかしい思い出を語り合う事で
精神状態を安定させる方法です。

 

昔の思い出を家族と話し合う事で
抑うつ状態を落ち着かせる事が出来るでしょう。

今の出来事には興味がなくても、
昔好きだった事には興味が沸くという事も
あるかもしれません。

 

また、見当識障害や記憶障害等があると
注意したり怒ったりしてしまう事もあるでしょう。

しかし、怒ったりするなら、
抑うつ状態が酷くなってしまう事があります。

 

多少間違った事をしても怒ったりせず、
見守る姿勢が重要です。


ストレスを貯めない生活が重要

抑うつ状態は理解されない事が多く、
怠けていると誤解されてしまう事もあります。

しかし、抑うつ症状は立派な病気です。

 

適切な対応をしないなら、
症状は更に酷くなってしまいます。

 

介護する人と介護される人とが
お互いにストレスを感じない環境作りを心がけましょう。

介護に疲れてくると、
きつくあたってしまうという事があるかもしれません。

 

介護保険のサービスを上手に使って
介護者も息抜きをする事も大切です。

スポンサードリンク




コメントを残す





*