認知症の初期症状チェック!怒りっぽいのも症状のひとつ?

認知症を患っている人は、
現在400万人を超えています。

更に2025年には
その数が700万人を超えると言われています。

高齢者の5人に1人が認知症という時代は
すぐそこまで来ています。

あなたの身近な人が
認知症を患ってしまうという事もあるかもしれません。

 

しかし、認知症は
適切な対処をする事で症状を軽くする事が出来ます。

その為には早期からの対応が非常に重要です。

今回は、あなたの身近な人が認知症になってしまった場合、
すぐに対処出来る様に、
認知症の初期症状について
幾つかまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

Sponcerd Link

認知症の初期症状は?

認知症の症状は大きく分けて2種類あります。

それは「記憶力の低下」「見当識障害」です。

見当識障害という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、
ここはどこか、今日は何月何日か等、
場所や時間の感覚が分からなくなってしまう状態の事を
見当識障害と言います。

認知症の初期症状では、
これら2つの症状が少しずつ現れてきます。

ninchi1

特に気になるのは忘れっぽくなったという事でしょう。

「同じ事を何度も聞く」、
「ご飯を食べた事を忘れてしまう」等の症状は、
一緒に住んでいれば気が付き易いかもしれません。

 

物忘れというと何でも認知症にしてしまう人がいますが、
認知症の物忘れでは体験したそのものを全て忘れてしまう
という症状が現れます。

例えば、今日食べた物を忘れてしまったという場合は
良性健忘と呼ばれる単なる物忘れで、
健常者でも良くある事です。

 

一方、認知症の場合は、
ご飯を食べた事自体を忘れて、
「何も食べていない」と言ったりします。

スポンサードリンク

怒りっぽいのも認知症の初期症状?

認知症には様々なタイプがありますが、
その一つにアルツハイマー型認知症というものがあります。

アルツハイマー型認知症では、
前頭葉と呼ばれる脳の部位の
機能低下が起こると言われています。

前頭葉は、感情を抑制したり、
人格を形作ったりする働きがあります。

ninchi2

その為、前頭葉の機能低下が起こると
感情を抑制できず怒りっぽくなる事や、
逆に意欲がなくなりうつ病の様な症状が
起こる事があります。

 

また、前頭葉の働きが悪くなると
2つの事を同時に行なう事が出来なくなります。

 

例えば、料理等は様々な事を同時に行なう必要がありますが、
前頭葉の機能が低下するとこれらの事が
全く行えなくなってしまうという事があります。

 

怒りっぽくなる事以外にも
この様な症状が見られたら
アルツハイマー型の認知症が疑われるでしょう。

認知症初期症状のチェックポイント!

病院でも行われている
簡単な認知症のテスト法を紹介しましょう。

このテストは
長谷川式簡易知能評価スケールと呼ばれるもので、
認知症の初期診断に用いられるテスト法です。

ninchi3

「歳は幾つか」、「今日は何月何日か」、
「100引く7は」等、9つの設問があります。

30点満点で20点を下回ると
軽度の認知症と判断されます。

 

自分の家族が認知症かもしれないと感じたら
長谷川式簡易知能評価スケールを試してみると良いでしょう。


認知症は早期発見、早期対応が大切

自分の大切な両親が
認知症を患う可能性は十分にあります。

しかし、冒頭でも述べた様に認知症は
初期から適切な対応をすれば
症状の進行を抑える事も出来ます。

 

今回紹介した様な初期症状や
チェックリストを活用して
早期発見に努めて下さい。

 

また、認知症は
生活習慣病との関わりも指摘されています。

認知症を予防する為にも
正しい生活習慣を心がけると良いでしょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*