認知症の思い込みや妄想に対する対応について

突然発症してしまった認知症。

初期症状の一つとして、ありもしないことに疑いをかけたり、強く思い込んだりする妄想や思い込みの症状があります。

「あなたに財布を盗まれた」「(配偶者に向かって)浮気をしただろう」等、一番身近にいる人が疑われる傾向にあるようです。

では、そのようなことはどうしておきてしまうのでしょうか?

また、最善の対応策はあるのでしょうか?

Sponcerd Link

思い込みや妄想の原因は?

798d188f5d50f75ef1e0c1cbd6b7f6ac_s

認知症による思い込みや妄想といった症状はどうして起こるのでしょうか?

認知症になると、記憶の障害や、思考力の低下が起こります。

その影響で、特に認知症初期症状で現れることが多いです。

 

例えば、「財布を盗まれた」などの物盗られ妄想があります。

 

お金を人に盗られるのではないかと、物盗られ妄想が出る前から思っていることが多く、そのため、自分でしまう場所を変えたのに、移動したということ自体を忘れていて、お金がないと訴えます。

通常であれば自分で探す努力をしたりなど、まずは「自分」を疑いますが、認知症の物盗られ妄想では、自分では探さずに、近くの近親者やヘルパーなどをすぐ疑う傾向があります。

 

また、妄想には他にもあり、家を追い出そうとされているなどのネガティブな思い込みや、「浮気をされた」など、現実にありもしないことを疑う等…あります。

その背景には、家族から自分はのけ者にされていると不安に思う気持ちが強くなり、その反動で起こるともいわれています。

スポンサードリンク

妄想・思い込みなどの不安症状にどう対応すればいいの?

f97ae73c7cd6770c015a3d2d0df916ae_s

まずは「物盗られ妄想」について。

盗ってもいないのに「盗られた」と疑いをかけられると、疑われた方はまずは否定をしてしまいますが、「私は盗んでない」と動揺し強く反論してしまうと、かえって「この人はやっぱり盗んだ」と思ってしまうようです。

 

そこで、もし「盗られた」と言われたら、「財布を盗られたの?大丈夫?」「財布がないと不安だよね」「一緒に探そう」と相手の状況や言葉をまずは受け入れて、少し落ち着いてから一緒に探すなどしてみましょう。

そうすることで、相手が少しずつ落ち着いてきたり、盗まれたこと自体を忘れてくれたりなど、不安を解消することにつながります。

 

しかし、それでも相手の興奮が落ち着かないようであれば、「ちょっと私あちらで用事を済ませてきます」と相手に告げてその場を離れてみて、帰ってきて本人が少し落ち着いている様子であれば全く違う話題を出し、「盗まれた」という話題から遠ざけてみましょう。

相手が上手に忘れてくれることがあります。わざわざ話題を掘り起こして、無理に探そうとする必要はないのです。

認知症の介護をする立場として

fed794f53e2c89c62a1bf6e052347712_s

悪いことを疑われたりすると、言われる立場としてはついカッとなってしまいます。

介護職員など周りの専門職は仕事として関わりを持っているため、認知症患者に対する対応を勉強しています。

 

しかし、対応する家族にしてみれば、常に同じ空間にいるので想像以上に辛いものです。

これを抑えながら接していくと、相当なストレスを抱えてしまうでしょう。

 

認知症初期の症状として出ていることが多いため、おかしい言動があれば、早いうちに専門医に相談しましょう。

薬で進行を遅らせたり、症状が改善することがあります。

 

また、介護サービスを利用することで、本人の気分が変わったり、リハビリなどで症状の改善が見込まれることがあります。

もしおかしいなと感じたら、小さなことでも専門職に相談してみましょう。


おわりに

いかがでしたか?

妄想や思い込みは、認知症患者の不安な気持ちが病気の症状として現れてくるようです。

また、記憶障害などの影響で、常に頭がぼやーっとしてしまい、不安なのでしょう。

もし『盗まれた』や『のけ者にされる』…等、言われたとしても、事実ではないのであれば、上手に受け流しながら対応してみてください。

 

また、担当医師に様子をしっかりと伝えるなど連携を図ったり、介護に関する専門の職員やケアマネージャー、知人…など周りの人に話をきいてもらったりして、辛い気持ちを上手に解消しましょう。デイサービスやショートステイなどを効率よく使い、認知症本人との距離をうまく離しましょう。

 

息抜きをしっかりとして、一生懸命介護をしている自分を決して責めるようなことがないようにしてください。

介護をする家族の気持ちが落ち着くと、本人も安らぐことができますよ。

スポンサードリンク




コメントを残す





*