認知症の物盗られ妄想の原因や対応は?

 

認知症の症状の一つに妄想という症状があります。

妄想とは、現実にはありえない事を
信じきっている状態の事です。

大抵の場合、説明しても
納得する事はありません。

その為、認知症を介護する人達から
対応に非常に苦労するという声を良く聞きます。

 

妄想の中で特に多いのが
物盗られ妄想と呼ばれる症状です。

物盗られ妄想があると、
普段接している介護者との関係が悪化してしまうケースもあります。

この様な自体を避ける為にも
物盗られ妄想がなぜ起きるのか、
どの様な対応をしたら良いのか事前に知っておく事は良いことです。

今回は物盗られ妄想の原因や対処方法等についてお伝えします。

Sponcerd Link

認知症の物盗られ妄想とは?

現金や財布等をどこかに置き忘れてしまったといった事は、
高齢者であれば誰でも一度は経験があるでしょう。

しかし、物盗られ妄想があると
「置き忘れてしまった」と考えるのではなく、
「盗られてしまった」と考える様になります。

roujin_sagashimono_man

この様に考えてしまうのは認知症の初期に多く、
認知症の進行と共に徐々に少なくなる傾向にあります。

 

また、妄想の種類には男女差があり女性は現金や財布、
宝石等を盗られたという訴えが多いのに対し、
男性では妻が盗られた等と訴えるケースが多く見られます。

 

物盗られ妄想で盗んだ犯人にされてしまうのは、
普段から接しているが多い家族や介護職員です。

 

この為、普段から介護しているお嫁さん等が悪者になってしまい
家族の関係がギクシャクしてしまうというケースもあります。

スポンサードリンク

物盗られ妄想の原因は?

物盗られ妄想は何故起こるのでしょうか。

大きく分けて2つの原因があります。

monotorare2

一つは認知症の中核症状である
短期記憶障害によるものです。

一般的な物忘れでは、
財布をしまったという体験自体は覚えていて、
どこにしまったかを忘れてしまいます。

しかし、短期記憶障害があると財布をしまったという体験自体を忘れてしまう為、
物盗られ妄想が起こってしまうと考えられています。

 

もう一つの原因として挙げられるのは
日頃から感じている不安感によるものです。

特に普段から家族や身近な人との関係が悪いと
「この人は私の事を嫌っている」と不安になります。

この様な不安が物盗られ妄想に繋がってしまう事があるのです。

物盗られ妄想の対応はどうする?

では、自分の家族に物盗られ妄想の症状が出ている場合、
どの様な対応をすれば良いのでしょうか。

monotorare3

一番大切な事は「盗っていない」と反論するのではなく、
訴えを聞き共感する事です。

 

自分が犯人扱いされてしまっている状況では、
穏やかに訴えを聞く事など出来ないと感じるかもしれませんが、
訴えを聞き共感する事で落ち着く事が多くあります。

その際に「盗まれた」という言葉ではなく、
「無くなった」という言葉で置き換えてあげると
攻撃的な態度が半減するかもしれません。

 

また、物盗られ妄想を訴える人の多くは
短期記憶障害があります。

「ところで…」と別の話題に変えてしまう事で
関心を他へ移してしまう事も出来ます。

 

「お茶を飲んでから一緒に探しましょう」と言ってお茶を飲んでいたら
訴え自体を忘れてしまったという事は良くある事です。

 

しかし、これらの対応は対処方法であり根本的な解決にはなりません。

先にも述べましたが、物盗られ妄想は
日常的に抱く不安感が妄想に繋がるケースが多くあります。

その為、普段から話を聞く機会を増やしたりする等、
良い関係を築く事が重要となります。


物盗られ妄想は改善出来る

認知症には中核症状周辺症状と呼ばれる物があります。

中核症状とは、認知症の本質的な症状の事で
短期記憶障害や見当識障害等の事です。

薬やリハビリ等である程度症状を緩和させる事は出来ますが、
中核症状を改善させる事は現段階では難しいとされています。

 

一方、徘徊や物盗られ妄想等、
中核症状が原因で起こる症状を周辺症状と呼びます。

繰り返しになりますが、
周辺症状は日頃から訴える不安感等が
引き金になる事が多い事が分かっています。

 

日頃から不安感や関係を少なくする事で
周辺症状を改善させる事が出来るのです。

物盗られ妄想も良い関係を作る事で改善させる事が出来ます。

今からでも遅くありません。

良い関係を作る事から始めてみましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*