認知症の初期症状!睡眠障害への対応方法は?

高齢になると不眠に悩む人が多くいます。

高齢になるにつれて体内時計が変化したり、
睡眠が浅くなったりするのは自然な事です。

 

しかし、介護者にとっては夜中に何度も起きたり、
早朝から活動し始めたりすると、
もっと寝て欲しいと感じる事もあるでしょう。

 

気を付けるべき事に不眠や早期覚醒の症状が
認知症のサインという事もあります。

今回は認知症と睡眠の関係についてまとめました。

 

自分の家族が何かおかしいと感じたなら、
今回のコラムを参考にしてみて下さい。

Sponcerd Link

認知証初期症状の睡眠障害の症状とは?

認知症になると
昼夜逆転という症状が見られるようになります。

これは日中ウトウト眠った様になり、
逆に夜になると活動的になるという症状です。

夜中に空腹を訴えたり、
用事もないのに家族を呼んだりする事もあります。

suimin1

夜間せん妄になると、
夜になると突然そわそわして動き回る様になります。

 

中には興奮状態になり攻撃的になる事もあるので
注意が必要です。

 

突然この様な症状が起こると
びっくりしてしまうかもしれませんが、
多くの場合、夜間せん妄は一過性のもので、
認知症とは直接的に関係がないと言われています。

 

また、レビー小体型認知症と呼ばれるタイプでは、
寝ている時に突然暴れたりする事があります。

スポンサードリンク

認知証初期症状の睡眠障害の原因とは?

この様な昼夜逆転の症状は、
認知症により脳が身体をコントロール
出来なくなった為に起こると考えられています。

人間の脳には、体内時計が備わっており、
目を覚ましたり、眠くなったりするリズムを作っています。

suimin2

しかし、脳の機能が衰えると
このリズムが作りにくくなってしまいます。

また、もう一つの原因として、
見当識障害と呼ばれる認知症特有の症状も見逃せません。

 

見当識障害になると、
今の時間や何をすべきなのかが分からなくなります。

その為、今が朝なのか夜なのかという事が分からなくなり
睡眠障害が起こってしまう事があるのです。

認知証初期症状の睡眠障害の対応はどうする?

昼夜逆転になっている場合、
体内時計を正常に働かせる事が必要です。

適切な環境を用意する事で
体内時計を正常に働かせる事が出来ると言われています。

suimin3

最も簡単に出来る事は朝日を浴びるという事です。

朝日を浴びる事で、日中活動し夜眠くなるホルモンの分泌を
高める事が出来るでしょう。

 

また日中の活動量を増やす事も重要です。

 

簡単な家事など、役割を持って生活してもらう事は
活動量を増やすだけでなく、
認知症の症状を落ち着かせる効果もあると言われています。

 

不眠や睡眠障害と言うと、
すぐに薬を飲ませれば良いと考える人もいますが、
薬を飲む事で認知症の症状が酷くなったり、
夜間せん妄等が起こりやすくなるとも言われています。

 

薬を飲むのは最終手段と考えて下さい。

 

一方、寝ている時に突然暴れたり、
幻覚の様な症状が現れるレビー小体型認知症では、
薬の治療により症状が改善します。

 

この様な症状で悩んでいる人は
専門医に相談してみると良いでしょう。


睡眠障害は家族で取り組む事が大切

認知症の方は、上記の様な対策を
一人で行なう事は難しいでしょう。

その為、家族の協力が非常に大切となります。

 

しかし、共働きの家庭等、
家族だけで対応する事が難しい場合はどうすれば良いでしょうか。

 

介護保険のサービスには、
日帰りで行なうデイサービス
短期施設へ入所するショートステイ等のサービスがあります。

 

これらのサービスを有効に活用して
昼夜逆転を改善させましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*