介護保険は生活保護でも受けられる?自己負担額はどれぐらい?

やむを得ない理由により、働けない方や、
収入が極端に少ない方にとって、
生活保護制度は必要不可欠な制度です。

 

しかし、生活保護を受けている方の中には、
介護保険を受けるために
必要な保険料を納められない方もいます。

「じゃあ、介護が必要になったら、介護保険受けられないの?」

 

大丈夫です。

 

生活保護受給者の介護の事もきちんと考えられています。

今回は、生活保護の方が介護が必要になった時についてお話します!

Sponcerd Link

介護保険は生活保護でも受けられる?

結論から言うと、生活保護受給者でも
介護保険を受けられます。

seikatuhogo_1

介護保険の被保険者には、
65歳以上の方が対象となる、「第一号被保険者」
40歳~64歳未満の医療保険加入者が対象となる、「第二号被保険者」
の2通りが存在します。

 

介護保険を利用するには、
介護保険料を支払う必要がありますが、
65歳以上の方は、保険料が生活保護の「生活扶助費」の中から給付されるため、
「第一号被保険者」となり、介護保険を受ける事が出来ます。

 

では、介護保険を利用した場合の、
1割の自己負担額はどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

自己負担額はどれくらい?

生活保護の中には、介護に必要となるお金を給付する、
「介護扶助費」があります。

seikatuhogo_2

生活保護受給者が介護保険サービスを利用した場合の、
1割負担額もこの「介護扶助費」から給付されます。

 

「介護扶助費」は現物給付のため、
受給者が利用したサービスの支払いをするのではなく、
福祉事務所からサービス事業所へ直接支払われます。

つまり、生活保護受給者の介護保険サービスの自己負担額はないのです。

40歳~64歳未満で、介護が必要になった場合はどうなるの?

65歳以上の場合は、介護保険サービスが受けられますが、
40歳~64歳未満で介護が必要となった場合、
医療保険加入者が条件となり、
(介護保険料は医療保険料から徴収されているため)
保険料を支払っていない方は被保険者になれません

seikatuhogo_3

しかし、生活保護受給者の介護に必要なお金は
「介護扶助費」から給付されるため、
この場合も自己負担額はありません。


おわりに

体が不自由な方にとって、
介護は生活には必要不可欠な事です。

生活保護受給者であっても、
介護を受ける権利は当然あります。

 

誰もが安心して暮らせる様、
国の制度は成り立っているのです。

スポンサードリンク




コメントを残す





*