脳血管性認知症の症状や特徴!対応方法は? 

高齢者で介護が必要な状態になる原因の一つに
認知症があります。

認知症は、
色々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、
働きが悪くなったりして発症します。

その結果、様々な障害が起こり、
生活をするうえで支障が出てきます。

認知症にはいくつかの種類がありますが、
今回は、脳血管性認知症の症状や特徴、
その対処方法にについて紹介していきます。

Sponcerd Link

脳血管性認知症とは?

脳血管性認知症は、
認知症の原因の約20%を占めています。

sick_ninchisyou_noukekkan

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの
脳の血管の病気になると、
脳の血管が詰まったり、出血したりします。

そうすると、
脳の細胞に酸素が送られなくなり、
細胞は死んでしまいます。

 

その結果、
記憶などに関係する部分が障害を受け、
認知症を発症することになるわけです。

脳血管性認知症は、患者が多く、
脳の血管障害により起こる認知症です。

スポンサードリンク

脳血管性認知症の症状や特徴は?

脳血管性認知症には様々な症状があります。

roujin_sagashimono_woman

脳血管性認知症の症状の例を紹介しましょう。

  • 服の前後や上下を認識できなくなり、前後逆さまに着たりするようになります。
  • ある物について、それは何かと聞かれた場合に、わかっていて答えようとしても言葉が出てこない状態になることがあります。
  • 今までできていた箸や歯ブラシの使い方が分からなくなり、使えなくなったりします。
  • 作業をしているときに、近くで声がするとそちらが気になり作業に集中することができなくなります。

 

症状は、病気の進行の具合によって異なります。

また、個人差も大きく、
必ずしも同じ症状が現われるわけではありません。

 

脳血管性認知症の特徴をあげましょう。

  • 良くなったり、悪くなったりを繰り返して進行します。
  • 障害を起こした脳の場所によって、起きる症状が変わってきます。
  • 感情がコントロールできなくなります。
  • 脳梗塞などは再発することも多く、急に症状が悪化する場合があります。

 

脳血管性認知症への対応方法はどうする?

kaigo_rehabilitation

脳血管性認知症の人への対応方法をあげましょう。

  • 初期の段階の場合、自分が認知症だと理解できていることもあります
    この場合は、より配慮した対応が必要です。「これくらいできないの?」とか「どうして分からないの?」などという言葉を投げかけないようにしましょう。
  • できるときと、できないときがあることを理解しましょう。
    脳血管性認知症の人は、脳の血流の状態で、できるときと、できないときがあります。
  • どんなときによく怒っているか観察して、怒りのポイントをつかみましょう。
    介護がしやすくなります。
  • 介護サービスを利用して、介護負担を軽減しましょう。


まとめ

脳血管性認知症について、
その原因や症状、特徴、対応方法について説明してきました。

脳血管性認知症にならないためには、
その原因である脳の血管障害を起こす
脳梗塞などの病気にならないことです。

それには普段から生活習慣に
気を付けて予防することです。

 

しかし、たとえなったとしても、
リハビリを行い脳を活性化させることで、
症状の進行を緩やかにすることが期待できます。

是非、その人にあったリハビリで
症状の進行を遅らせましょう。

 

スポンサードリンク




コメントを残す





*