アルツハイマーの治療薬とは?効果はあるの?

認知症患者の中でも特に多いのがアルツハイマーの患者ですが、
現在、アルツハイマーを完治させる薬はありません。

しかし、症状を和らげたり、進行を遅らせる薬は存在します。

アルツハイマーの治療薬とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

今回は、アルツハイマーの治療薬とその効果についてお話します!

Sponcerd Link

アルツハイマーの治療薬は何があるの?

アルツハイマーの治療薬として、
一番有名なのは「アリセプト(ドネペジル)」でしょう。

古くからある治療薬で、今も多くのアルツハイマー患者が服薬しています。

kusurikouka_1

アルツハイマー患者は、脳の神経伝達物質である、
アセチルコリンが減少傾向にあります。

 

アリセプトは、このアセチルコリンが分解されるのを防ぎ、
増加させ、脳の活性化を促す作用があります。

 

そして、2011年に新たに

  • レミニール(ガランタミン)
  • イクセロンパッチまたはリバスタッチパッチ(リバスチグミン)
  • メマリー(メマンチン)

の3つの治療薬が認可され、薬を使い分けられるようになりました。

 

「レミニール」は、
アリセプトと同じく、アセチルコリンを増加させる働きをしますが、
更に脳神経の働きを良くする作用があります。

 

「イクセロンパッチまたはリバスタッチパッチ」も、
(販売会社が違うので名称は違いますが、有効成分は同一です)
アリセプトと方法が少し違いますが、アセチルコリンを増加させる働きをします。

 

また、貼付薬なので、飲み薬を嫌がる方に有効ですし、
「薬を飲んだか分からない」という事もありません。

 

「メマリー」は上記の3つの薬とは作用が異なります。

アルツハイマー患者は、脳内のグルタミン酸が過剰にある状態にあり、
その事が脳の働きを妨害してしまうとされています。

メマリーは、そのグルタミン酸の過剰放出を抑制する働きをします。

 

「アリセプト」「レミニール」「イクセロンパッチまたはリバスタッチパッチ」は、
アセチルコリンを増加させる効果があり、同系統の薬なので、薬の併用はできません。

 

しかし、「メマリー」はそれらと異なるため、
「メマリー」と一緒に「アリセプト」を服薬する、といった併用が可能です。

スポンサードリンク

アルツハイマーの治療薬の効果はあるの?

 

アルツハイマーの治療薬を服薬し、意欲の向上や、抑うつが改善する等の
報告例がありますが、「効果が分からない、何も変わらない」という方もいます。

kusurikouka_2

しかし、これらの薬はアルツハイマーの進行を遅らせる効果があるため、
一見何も変わらなく感じても、薬が効いていないとは限りません。

 

逆に、副作用により興奮しやすくなったり、落ち着かなかったりする
事もあります。

 

「効果がない」、「逆効果だ」と自分達で判断し、服薬を中止するのは危険です。
必ず医師に相談し、今後の方針を決めましょう。


まとめ

私の職場でも、これらの治療薬により、
見た目上では効果が分からない方もいました。

 

しかし、食事が自分で食べれるようになった方、
お話出来る事が増えた方、笑顔が増えた方を見てきました。

 

初めて処方される時は、副作用の事も考慮し、少量から始めます。

医師と相談しながら、適切な治療を受ける事から始めてみましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*