アルツハイマーと認知症の違いはコレだった!男と女どっちがなりやすい?

最近、人の名前が思い出せない。

あの時の、あの人だけど、名前が…..

そんな、経験有りませんか?

 

物忘れ=認知症と思っている方も多いと思いますが違います。

認知症の物忘れには、特徴が有ります。

 

老化による物忘れの中と認知症との違いや、
認知症とアルツハイマーについて、
一緒に学びたいと思います。

Sponcerd Link

アルツハイマーと認知症の違いについて

認知症は理解力や判断力・記憶力が低下し、
社会生活に支障をきたした状態とされています。

つまり、症状なんです。

 

一方で、アルツハイマーは病気です。

01

脳の海馬という脳の一部が委縮する病気で、
この海馬は、記憶を司っており、記憶に障害が起きます。

 

その為、記憶障害が生じ、社会生活に影響が出ます。

こうなると、認知症と診断されます。

 

アルツハイマーで認知症になった場合は、
アルツハイマー型認知症と呼ばれ、
記憶障害が主な症状の認知症となります。

 

実はアルツハイマーになりやすい確率は、
女性の方が高いて知ってましたか?

スポンサードリンク

アルツハイマーになりやすいのは?男?女?

日本で認知症検診をはじめて行った笠間医師によると、
アルツハイマー病は女性の方がなりやすいという研究があります。

その値は男性の2倍にもなります。

02

理由として、女性ホルモンの働きが原因ではないかと仮説してます。

 

女性ホルモンには、神経保護作用があるとされ、
この女性ホルモンは卵巣から放出されています。

 

閉経を迎えると、女性ホルモンは減少し、
神経保護作用が低下する事で、
アルツハイマー病にかかるリスクが高まるとされています。

 

また、女性の方が長生きである事も、理由としてあげています。

 

確かに、介護施設でも
女性のアルツハイマー型認知症の方が多いのが現状です。

物忘れ=加齢、体験を忘れる=認知症

忘れるという事について、
脳の機能面からみてみます。

 

記憶には、3つのプロセスがあって

  • 記銘=物事を瞬間的に記憶する。
  • 保持=瞬間的に記憶した事を、保持する。
  • 想起=保持した記憶を、言葉にして思い出す。

という段階が有ります。

 

例えば、人の名前を思い出す時。

 

名刺を出され、瞬間的に記憶する=記銘
その人の名前を覚える=保持
覚えた事を、思い出す=想起

 

正常な物忘れであれば、保持はできているので、
きっかけが有れば、思い出します=想起。

 

認知症の場合、瞬間的な記憶は可能ですが、
記憶の保持が難しいです。

 

その為、体験自体の記憶が失われて、
人に会った事を忘れてしまうんです。


おわりに

いかがでしたか?

今日は、アルツハイマーと認知症のちがいについて
解説しました。

アルツハイマーは病気であり認知症は症状なんです。

 

アルツハイマーで認知症になった場合を
アルツハイマー型認知症と呼びます。

 

さらにアルツハイマーは、
女性の方が2倍も多いということもわかりましたね。

 

 

 

アルツハイマーは治すことはできませんが、
症状を遅らせることは可能です。

早めに専門医を受診しましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す





*