認知症予防にアロマセラピーが効果的!使い方をご紹介

嫌な気分な時、優しい香りがフッとすると、
気持ちが段々と落ち着く事ってありますよね。

雑貨屋さんへ行くと、アロマオイル専用コーナーもあり、
特に女子の間では多くの方が使用しています。

実は、このアロマオイルを使ったアロマセラピー
認知症の予防になる事をご存じでしょうか?

 

今回は、アロマセラピーが認知症予防に効果的な理由と、
その使用方法についてご紹介します!

Sponcerd Link

アロマセラピーとは?

アロマセラピー(アロマテラピーとも言われます)とは、
アロマ=芳香、セラピー=療法と訳出来るように、
香りにより、心や身体を落ち着かせ、健康増進や美容に
良い影響を与えるとされています。

aroma_1

主に植物の香りを凝縮した精油を用いて行いますが、
精油は植物の花や葉、種等から抽出した天然素材であり、
これを使用することで、身体への効果が期待出来るのです。

スポンサードリンク

アロマセラピーはなぜ認知症に効くの?

実は、認知症による記憶障害が起きる前に、
嗅覚障害が見られる方が多いと言われています。

その原因として、嗅覚を司る嗅神経が、
認知症により障害を受ける事が判明しています。

嗅神経が障害を受ける事により、記憶を司る脳神経である
海馬に伝わり、海馬自体も衰え、認知症の症状が悪化していきます。

 

しかし、嗅神経に良い刺激を与える事で、嗅神経に
連動している海馬の活性化にも繋がり、認知症予防に
効果が見られるそうです。

 

また、嗅神経は再生能力も高いため、
嗅覚が低下しても、良い刺激により回復も見込めます。

その「良い刺激」となるのが、アロマセラピーなのです。

アロマセラピーの効果的な使用方法は?

arom_2

まずはアロマセラピーに欠かせないアロマオイルを用意しましょう。

中には化学合成物が含まれているオイルもありますが、
天然素材100%の精油を選びましょう。

認知症に効果的と言われるアロマオイルは、以下の通りです。
(鳥取大学、浦上克哉教授の研究を参考)

午前中…ローズマリー2滴、レモン1滴
(効果:集中力や記憶力の向上)
夜間(就寝1時間前)…ラベンダー2滴、スイートオレンジ1滴
(効果:沈静作用)

これをアロマ用のペンダントやディフューザーを使い、
午前中と夜間に2時間以上香りを嗅ぎます。


まとめ

アロマの香りは人によっては向き不向きがあると思います。

アロマオイルは同じような効果で、香りも選べるので、
実際に使用する人と一緒にお店へ選びに行くのも良いですね。

自分のオリジナルの香りを作って楽しみながら、認知症予防が出来そうですね。

スポンサードリンク




コメントを残す





*